「脳を使って」代謝をアップ!運動と同じ意味をもつ

「よく・・・人には運動しなさいとか言われるけど、今の勤務体制で運動することなんて無理だって」そんな風に思っている人は少なくありません。運動するにも「時間」がない。時間はあっても「やる気」がない。人は「せっぱつまらないと」しないところがあるのです。それもなんとも仕方のないこと。みなさん普段からたくさん働かれていますし、頑張りすぎると周りが見えなくなってしまう人だっているのですから。

あなたは運動についてどう思いますか?「もちろんした方がいいとは思うけど・・・だけどそればっかりもしていられない。家に帰ったらまったりしたいし、一度まったりし始めるともう運動しようなんて気持ちはなくなるかな・・・」なんて人がいるのです。それはそれで、仕方のないことでしょう。あなたがそう思うことを責めたところで、それがどうにかなるわけではないので考え方を変えるようにしましょう。

そもそも、「運動」とは・・・身体を動かすことばかりに縛られるのでしょうか?人はいつでも「考える」ことをしています。考えることをたくさんして・・・代謝を上げることはできないのでしょうか?実のところ、それは「できる」のです。

人の運動器官とは・・・「筋肉」が一番です。その次にくるのが「肝臓」これは全体の20パーセントほど。その次にくるのが「脳」18パーセントなのです。こう考えてみると・・・脳だって結構働いていることがお分かりになるかと思います。どうですか?なので一番動かして効果的なものは「筋肉」ですが、時間がなくて、運動が大嫌いな人は「脳」を使って体を温めることだってできるのです。

たまに・・・「考えすぎて知恵熱がでた」なんてことを聞きます。その人は間違いなく・・・「頭を使いすぎてぼーっとしてしまう」状態なのです。そこまで考えることなどあまりありませんが、この機会に「脳」を使って代謝を上げることも考えてはどうですか?きっと面白いことになるでしょう。

鳩対策・鳩退治の鳥害対策専門ショップ「ピーコン プロ」

ルートート

豊中 賃貸

乾燥肌 オイル